山形県鶴岡市

大山おおやま
加藤嘉八郎酒造

「酒は大山、愛の酒」
大山酒の伝統と
技術が調和した酒

城下町・鶴岡市の大山地区はかつて、「東の灘」と称された酒のメッカ。

「大山」は名のとおり、この大山酒を代表する酒。

自社開発の設備で、酵母と対話しながら、きめ細やかなケアをして醸される伝統の味。

山形県の日本海に面した地域を「庄内」と呼びます。

出羽三山や鳥海山、朝日連峰に囲まれ、最上川、赤川が悠々と流れる庄内平野は穀倉地帯です。 城下町鶴岡の郊外・大山地区は戸時代に幕府直轄の天領となり、庄内藩の干渉を受けず、北前船の寄港地・加茂の港もあることなどから、上方の文化も流れ込むエネルギッシュな自由都市として、本格的な酒造りも興隆しました。

ABOUT SAKE BREWING 加藤嘉八郎酒造について

『飲むほどに安心を与えてくれる酒』

ほのかな吟香が漂い、すっきりと端麗な口当たりの中に、繊細な香味成分がたっぷりあるお酒です。お酒の複雑な成分が調和し、飲むほどに安心を与えてくれます。

『大山の造りへのこだわり』

機械反復的で重労働な部分は機械に任せ、人間の感性や積み重ねた経験に頼る部分は人の手に残し、麹や醪と対話しながらリアルタイムに発酵を管理する醸造装置や製麹装置を独自開発したことです。
気品ある吟醸香、キレよく、調和して美しさを感じさせる理想の味わいを追求し、その質を安定的に精度の高い酒造りをする為に常に前進し続けています。

インスタグラムで写真をアップロード&共有

INSTAGRAM

ハッシュタグ「#酒蔵レストラン宝」を つけてお気に入りの料理を共有しましょう!
あなたの素敵な写真をお待ちしております!

宝 みずき 知花 たから 霞ヶ関店 たから 天神店