奈良県奈良市

春鹿はるしか
今西清兵衛商店

日本の酒発祥の地、
南部・奈良で
伝統の酒造りを
今に伝える蔵 

北奈良は日本の酒発祥の地。

「諸白造り」「段仕込み」「火入れ」など、室町時代にかけて奈良で確立された画期的な技法と、奈良を指す地名"南都"より「南都諸白」と呼ばれた伝統を今に伝える銘醸蔵。常に酒質向上に努め、発砲純米酒や木桶造り、リキュールなどにも挑戦し続けている。

奈良盆地は6世紀の飛鳥時代、710年平城京遷都に始まり、奈良時代を通じて古代日本の政治と文化の中心地でした。その地で日本酒の基本的な造りが確立され、『日本酒発祥の地』と呼ばれています。

ABOUT SAKE BREWING 今西清兵衛商店について

春日大社の御神酒を造る『春鹿』

蔵元の今西家は、代々春日大社の神官をつとめていた由緒ある家柄で、春日大社に現存する日本最古の酒蔵、
『酒殿』で白酒・黒酒(しろき・くろき)を絶えることなく醸し続けています。
酒銘は、春日の神々が鹿に乗ってやってきたという伝説から「春日神鹿」と名付けられのちに『春鹿』となりました。

【南都諸白】とは

平安時代中期から、もっとも上質で高級な日本酒として名声を揺るぎなく保った、奈良(南都)の寺院でつくられた酒の総称。当時の科学の環境から考えると高度な技術とかなりの手間を掛け、醸された。
春鹿では南都諸白の伝統を世界に向けて発信しています。北アルプスの麓、氷点下5度以下までに冷え込む厳冬期に寒造りされます。古くは交通の便が悪く、冬になると陸の孤島となり、焼味噌・干物・漬物の類しかなかった土地柄で、その塩気のしっかりした食べ物にも合う濃醇辛口のお酒を醸しています。
全商品が本醸造以上の特定名称酒で、酒銘の由来は「薬玉」にあり、邪気を払う願いを込め「久寿玉」と名前をつけています。

『伝統とは革新にあり』

まだ甘口全盛期の日本酒の時代に『純米超辛口』を。
2000年に発泡純米酒『ときめき』にも挑戦するなど常に前進しながら『南都諸白』の伝統を伝えています。
木桶造り発祥地である奈良で『木桶仕込み純米酒』を復活させ、日本酒の楽しみ方を常に追求している蔵です。

『超辛口』

春鹿の仕込み水は春日山系の湧水で、奈良県には、珍しい硬水です。ですから酒質は、辛口ながら味に深みがあり、喉ごしのキレが良い。その特徴を存分に味えます。

インスタグラムで写真をアップロード&共有

INSTAGRAM

ハッシュタグ「#酒蔵レストラン宝」を つけてお気に入りの料理を共有しましょう!
あなたの素敵な写真をお待ちしております!

宝 みずき 知花 ビストロW ふくろう たから